母との闘病日記

母と私の生きた証を残したい

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/19 ~

お別れのご挨拶 4月下旬、認知症の悪化により理性を失った母が、突然、幼児化し 私の腕を小脇にかかえ「ツタちゃんはヒロのことが大好きなんだから、 今日は一緒に寝よう」と言ったことが、昨日のことのように思い出されます。 その後、誤嚥性肺炎の為、幾…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/18 ~

1月18日(木) 最期の時 1月17日 午後11時半 血圧の上限値が急激に下がっている。 慌てて看護師さんを呼びに病室を出たところで、看護師さんとバッタリ出会う。 看護師さんもスタッフステーションのモニター画面を見て、異常に気付き、こちらに向かって来た…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/17 ~

1月17日(水) 「決して、安心しないでください!」 午前0時 脈拍:84,酸素:100,血圧:67~33,呼吸数:80 今日も病院で用意してくれた簡易ベッドで、母の横で手を握り寝ることにする。 午前6時半 脈拍:84,酸素:100,血圧:63~32,呼吸数:57 口腔ウエッテ…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/16 ~

1月16日(火) 母と一緒に 午前5時半 脈拍:97,酸素:100,血圧:76~39,呼吸数:81 握っている母の手は、もはや握り返すことはなく、微動だにしなくなった。 午前9時 脈拍:92,酸素:100,血圧:71~36,呼吸数:76 午後1時 脈拍:88,酸素:100,血圧:70~34…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/15 ~

1月15日(月) 再び、病院の配慮で個室へ 他の病院はどうなのかわからないが、TD中央総合病院にはとても感謝している。 母が再び危篤となり、また個室を用意してくれた。 そして、夜になると私の為に、母の横に一緒に居られるように、簡易ベッドを用意して…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/14 ~

1月14日(日) 再度、危篤となる 病院から、心拍数が100を超え危険な状態になったので、すぐ来れるか連絡が入る 午後12時 病院へ 午後1時 目を開けたので、呼びかけると目線を少し動かす 昔の写真を見せて励ます 午後5時 時折首を動かす 午後5時半 少し肩…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/13 ~

1月13日(土) 最期の点液 午前10時 自宅に看護師主任のKMさんから、点滴ができなくなり、すぐ病院に来て欲しいと連絡を受ける。 午前11時 これで、余命3日となり、この折なのでKMさんに12月14日から、水も飲めなくなっているので、せめて口に水を含ませ…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/12 ~

1月12日(金) 午後7時 見舞い 今日は目を開けている 話しかけると視線をこちらに向ける 手はパンパンにむくんでいる 呼吸は苦しそう「ア”ア”ア”~ハッ」 それ以外に時折、喉の奥からひきがえるのような音をさせる 午後8時 寝たもよう 寝ていても時折、喉の…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/11 ~

1月11日(木) 看護師総入れ替え 午後7時 見舞い 病室へ行くと、今まで若い女性の看護師さんだったのが、ベテランの男性の看護師さんに変っていた。 「看護師主任のKMです」と紹介を受ける。 昨日までは、はだけていたパジャマがキチンと着ている 腕を動か…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/10 ~

1月10日(水) 万事休す 午前9時半 ケアマネージャーに電話し、今日、明日位なら意識があると思うので見舞いに来て欲しいとお願いする 午後3時半 見舞い 主治医の先生から余命勧告(外来診察室) ・検査の結果、手術は無理と判明 首の内側と外側については…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/9 ~

1月9日(火) 中心静脈カテーテル 午前0時半 意識が回復する 呼びかけると目をこちらに向ける 私だと気づき涙を溢す 握っている手を引き寄せ数分間抱き合う 身体に取り付けられたコードを抜こうとするので、邪魔くさくても我慢してと頼む 午前1時 すぐに眠…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/8 ~

1月8日(月) 危篤 午後12時 見舞い 少し肩で息をしている 午後1時 右肩にかけてパジャマが濡れているので交換してもらう 午後1時半 呼吸がア”ア”ア”と痰が絡んでいるようなので痰吸引をお願いする 20分程度で落ち着く 午後2時 また呼吸がア”ア”ア”といい…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/7 ~

1月7日(日) 母にしてあげられること 昨日の出来事で、母の命は長くはないと思い、今、母にしてあげられることはないか考える。 図々しいとは思ったが、近くに親戚がいないので、ケアマネージャーやヘルパーさんに、2~3日の間なら意識を保っていられると…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/6 ~

1月6日(土) この背中は⁉ 午前10時 デイサービスに行き、母の写真を貰い受ける。 都合の良いことに電子媒体で頂けた。 そして、恐縮ではあったが、もし良ければ早い時期に母の見舞いに来て欲しいとお願いをした。 午後1時 見舞い 1時半頃目を覚まし、プウ…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/5 ~

1月5日(金) お隣の入院患者 午前8時 私は会社に出勤 午後4時 デイサービスから電話があり写真を貰えることになった 明日取りに行く 午後7時 見舞い 昨日より回復しているように見える 手を握る力がいつもより強く何か訴えているかのよう 喋れなくなって…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/4 ~

1月4日(木) 母の写真 昨日、見舞いから戻り母の昔の写真を整理する。 思い出のありそうな写真を、母に見せたいためである。 午前9時 家からケアマネージャーに電話をし、デイサービスで撮影して頂いた母の写真を貰えるか確認する。 元気だった頃の写真を…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/3 ~

1月3日(水) 午前11時半 見舞い 点滴の影響で手足顔が、かなりむくんでいる。 呼吸は昨日より荒くなくなった。 手を握ると起きようとする。 先生から右肺全体に肺炎が広がっていると説明を受ける。 経鼻接種で胃に栄養を送って少し体力も回復したが、潜んで…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 1/2 ~

1月2日(火) 肺炎再発 午後1時 見舞い 容態が悪化 38度の熱がある 呼吸がゴロゴロ言い出し今迄にないパターン 嘔吐あり 肺炎再発 抗生剤を投与して頂く

~ 誤嚥性肺炎 最終章 2018/1/1 ~

1月1日(月) 病院でお正月 午後2時 見舞い 昨日より容態が悪い。 すぐ眠ってしまったので、横に座り見守る。 午後3時 目を覚ます。 昨日より呼吸が荒い。 喉がゴロゴロいっている。 午後3時半 オムツ交換時に痰吸引をお願いする。 痰吸引後、少し呼吸が…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/31 ~

12月31日(日) 大晦日 午後2時 見舞い 今日は「大みそかだよ」と伝える。 1時間程、起きていて時折話しかけてくるが、声がかすれていてわからない。 昔、父と母のお決まりの会話を思い出し、真似をして話してみる。 「正月は何にする?あるもんで済ますか?…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/30 ~

12月30日(土) 午後2時 見舞い 今日も目を覚ましていて、ベッドの手すりに手を掛けている。 きっと起き上がりたいのだろうが、そこまでの体力はないようだ。 手伝って起こしてあげたいが、横に倒れてしまう危険があるので、「まだ無理しちゃだめだよ!」と言…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/29 ~

12月29日(金) 栄養補給 午後2時 見舞い 今日は珍しく目を開け起きている。 問いかけると、頷いたり、首を横に振ったりして、意思の疎通がとれるようになった。 昨日までとは違い目がしっかりしている。 午後3時 母は眠ってしまったが付き添う。 午後5時 …

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/28 ~

12月28(木) 少し回復? 午後3時半 見舞いに行く 呻き声を上げることなく、ぐっすり眠っている。 午後5時 経鼻接種開始と共に手を動かし始める。 今迄、気が付かなかったが肌艶が良くなっている。 身体を動かすことが多くなった。

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/27 ~

12月27日(水) 経管補給 午後7時頃 見舞いに来ると、丁度、インターンの先生が点滴と経管補給をしていた。 先生が経管での補給は、まず食物繊維を投与し胃をビックリさせないようになじませて、2~3日様子を見てから栄養素のあるものに切り替えていくと、…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/26 ~

12月26日(火) 最大の危機とは、このことか⁉ 今日は会社に出勤していると、主治医のWD先生から電話があり、今日は当直で夜に居るので、昨日できなかった打合せをしましょう。ということで、打合せすることになった。 少し気がかりなのは、先日、占い師に26…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/25 ~

12月25日(月) えっ、そんなことがあるの? 午前中、会社に行ってリーダー格の人に説明をする。 あまり事情を知らない社員の人は、私が出社したことによって、これからは問題なく会社に来れるんですよね?と尋ねてきたが、いや当面はバタバタすると答えた。 …

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/24 ~

12月24日(日) スタッフステーション? 今入院しているTD中央総合病院は他の病院と違い、ナースステーションをスタッフステーションと呼んでいる。 看護師に関して、この2、3日で感じたことは、小さな病院の看護士よりも作業が分担されていて、多くのスタ…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/23② ~

12月23日(土) 見舞い 午後3時 今日も見舞いに来ると母は薄目を開けた状態で寝ている。 若い背の高い男の先生がいて、今度から主治医のWD先生と一緒に診て頂くインターンの先生だと紹介を受けた。 午後5時 看護師さんが定期的にバイタルのチェックをしに…

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/23① ~

12月23日(土) 不謹慎? 母には生きていて欲しいが、薄目を開けて呻き声を上げているのを見て、すべき準備はしておかないといけないと決心する。 葬儀屋に行き見積もりを取る。 ~~~ 午後に続く ~~~

~ 誤嚥性肺炎 最終章 12/22② ~

12月22日(金) 見舞い ~ 続き ~ 午後4時 カウンセリングのつもりが、占い師に運勢を占ってもらうことになってしまった。 しかし、少し気持ちが吹っ切れた気がした。 その足で母の見舞いに行く。 病室に入ると母は寝ていて、パイプ椅子に座って見守っている…