母との闘病日記

母と私の生きた証を残したい

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/8) ~

12月8日(金) 加湿器

午前8時 私は会社に出勤

午前9時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:00~10:00 ○右耳赤みがある為、体位交換継続中
○座位難しく、食事も少量
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午後1時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
13:00~13:30 ○尿もれしてました
更衣介助
食事介助
水分補給

午後4時半 介護ヘルパー
【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:30~17:30 ○お変りありません
おむつ交換
服薬介助

午後7時 会社帰りに最寄り駅の駅前にあるディスカウントショップで、加湿器を物色していると、少し変わった形状の加湿器があったので、それを買って帰る。

早速、母の部屋のベランダ側の床に置いてみた。

  

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/7) ~

12月7日(木) ケアマネージャーから提案が

ケアマネージャーから連絡があり、先日注文した介護用品のFAXは届いていて手配中という事と、私が深夜に、母を介助しながら歩行訓練をしている件で、訪問マッサージを受けてみては、と話があった。

母が少しでも回復するのなら、と思いケアマネージャーにお願いすることにした。

但し、この訪問マッサージを受けるには、医師からの指示書が必要とのことだった。

前回、栄養食品のエンショアの利用も医師からの承諾が必要だったが、死神院長の却下により利用できなかった。

そのこともあり、今回はケアマネージャーが同席してくれることになった。

それと、母の部屋に加湿器を置いた方が良いと提案される。

午前8時 私は会社に出勤

午前9時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:00~10:00 ○右膝内側赤くなっています
○右耳先端部赤みあり
おむつ交換
食事介助
水分補給
洗面
服薬介助

正午 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
12:00~12:30 ○眠そうでした
食事介助
水分補給

午後4時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:30~17:30 ○お変りありません
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午後8時 湯たんぽを交換する

午後11時 今日も介助しながらベッドとソファーの間を数回往復する。

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/6) ~

12月6日(水) 会社から要望が・・・

午前8時 私は会社に出勤

会社の管理部から電話があり、毎週点滴で1日休む件で、半日休暇位で収まらないか確認があった。

今、現状では朝9時前に受付して、点滴が終わり家に着くのが3時半から4時の間なので難しい。

それでは、午後の外来時間に合わせて見るとどうなるかシュミレーションしてみた。

 午後の受付  4時 3時に帰社して、その足て受付をする

 介護タクシー 5時 4時に受付をして、すぐに診て貰うのは1時間後が妥当

 診察&点滴  5時~9時

 介護タクシー 割り増し料金を支払えば利用可能となっているが、実績なし

 夜の介護   9時~ 夜の介護ヘルパーは無い為、私自身で介護する

 自分の食事等 10時~

シュミレーションした結果を、管理部に話すと、「チョット難しそうですね」ということになり半日休暇の件は取り下げとなった。

午前9時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:45~10:45 ○端坐位少し保持
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

正午 訪問入浴

午後1時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
13:00~13:30 ○眠そうでした
食事介助
水分補給

午後4時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:30~17:30 ○端坐位少し保持
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午後8時 母の湯たんぽを交換する

午後11時 昨日と同じように母が歩きたがるので、介助しながらベッドとソファーの間を数回往復する。

 

 

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/5) ~

12月5日(火) 医療放棄

午前8時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
8:30~9:30 ○左足、甲の真ん中辺りに少し赤みあり
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午前9時前 自転車で病院へ行き受付を済ます

昨日届いた市役所からの通知結果を、ケアマネージャーに連絡する。

午前11時 C葉外科内科病院へ

診察室に入ると、死神院長が先週の土曜日に、私が別の先生に痰吸引をお願いしたことを知っていて、「今は、通販で安いのが売っているから自分で買ってやりなさい」と言う。「なんだって!ふざけるな!ズブのやり方も知らない素人に、自分で買ってやれだと‼明らかな医療放棄である。

医療放棄と言われない為に、患者の家族に医療行為を押し付けている。

激怒しながらも我慢して、「今は持っていないので、お願いします。」と話すと、

訪問看護師が来てるだろう」と言い全く取り合わない。

診察は終わったかのようなそぶりをしたので、床ずれの治療をお願いしますと頼むと、母を処置室のベッドに寝かせ「大声で何で診なきゃいけないんだ!訪問看護師がいるだろー」と喚きだす。

これではっきりした。こいつ元々母を診る気がないのである。

H病院から依頼を受けたのも治療してくれるのが目的ではなく、うちの病院はその程度の患者なら受け入れることができますよ。と見栄を切ったと思わざるおえない。

母が点滴をしている間に、この間の女子事務員に、死神院長から痰吸引機を勧められたので、どのような機種を買えば良いのか確認をする。

暫くすると戻って来て、「こちらでは判らないので、訪問看護師にでも聞いて下さい」と言う。

なんだぁ~、そっちが買えと言ったのに、その紹介もできねぇのかよ‼

「この病院は腐っている」

仕方なく訪問看護師に聞くことにする。

午後4時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:30~17:30 ○お変りありません
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午後8時 母の湯たんぽを交換する

午後11時 昨日と同じように母が歩きたがるので、介助しながらベッドとソファーの間を数回往復する。

点滴の日は会社を休めるとはいえ、会社勤めをしながらでは結構負担があり、長くは続けられない不安を感じる。

 

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/4) ~

12月4日(月) 何だ!この市役所からの通知書は‼

午前8時 私は会社に出勤

午前9時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:30~10:30 ○端坐位保持できました
○眠そうでした
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
服薬介助

午後1時 介護ヘルパー

 【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
13:00~13:30 ○お変りありません
食事介助(姿勢確保)

午後4時 訪問看護

【看護師記録】 

●バイタル●

測定時間 16時09分
体温 36.1℃
血圧(高) 118
血圧(低) 73
脈拍 77

●病状●

・訪問時、ベッドで端坐位でテレビを見ている。

・肺音 弱い 雑音なし 、腹音 良好 張りなし

・食事は朝、昼とヘルパーにて接種している。量は不明

・水分も接種している様子あり

・訪問時に勧めることにより飲水。50ml程度。ムセなし。

・尿は多量の時もあり、2回/日

・排便は12月に入ってなし

・右前腕にスキンテア、悪化なし

・乾燥している。オーブンで経過おう。

・皮膚トラブルなし

・右臀部はテユオアクティア貼付している

・体調は変わりなし

・全身状態に注意していく

●実施内容●

健康チェック、療養環境調整

午後4時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:30~17:30 ○端坐位保持で食事召し上がりました
おかゆ完食しています
おむつ交換
水分補給
口腔ケア
食事介助
服薬介助

午後7時半 会社から帰宅

郵便POSTを見ると市役所から封書が届いていた。

部屋で開けてみると、11月にH病院から退院直後に、介護認定の変更を認定調査員が来て行ったが、その通知結果だった。

中を読むと「なんだ!これは‼認定審査会が開かれていない為、先送りだと‼ふざけてんなぁ‼

ケアマネージャーから、今の介護レベルのままだと、介護利用枠を越えてしまい、越えた分は実費負担になるという。ただし、H病院から退院後、以前より病状が悪化しているので、介護認定を受ければ、間違いなく上がるという事だった。

想定外の通知書に呆れる以外他になかった。

f:id:t_imamura:20181209113857j:plain

午後9時 湯たんぽを交換する

午前0時 母が動きたがるので、介助しながらベッドとソファーの間を5~6往復程度歩行する。

 

 

 

 

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/3) ~

12月3日(日) 更に介護用品を追加する

1日に会社に復職したが、当初の予定が狂い、病院が自宅で点滴ができるように点滴指示書の発行をしない為、週に1回は会社を休んで点滴を受けに行かざるおえなくなった。

会社に、そのことを話すと承諾してくれた。ありがたいことである。

昨日、ケアマネージャーに伝えておいた、介護用品をいくつか選んだ注文書を作成しFAXする。

f:id:t_imamura:20181208194934j:plain

ケアマネージャーから貰ったカタログ

https://www.atcare.jp/html/dc/k4662_111zj/digitalcatalog.html

午前9時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:00~10:00 ○ベッド下にずり落ちてました
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
体位変換
服薬介助

午後6時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
18:00~19:00 ○お変りありません、端坐位保てています
おむつ交換
水分補給
口腔ケア
食事介助
服薬介助

 

 

 

 

~ 誤嚥性肺炎 死神病院の章(12/2) ~

12月2日(土) 痰吸引

午前9時前 自転車で病院に行き受付を済ます

受付の時に、今日は診察もお願いする。

午前9時半 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
9:30~10:30 ○端坐位にてお食事できました
おむつ交換
食事介助
水分補給
口腔ケア
体位変換
服薬介助

午前11時 C葉外科内科病院へ

今日診察してくれた先生は、死神院長ではなく中堅の男性の先生だった。

レントゲン写真を見ながら、先生がヘビースモーカーか何かですかと尋ねる。

えっ、そんなに肺の状態が悪くなっているのかと痛感する。

そして、死神院長からは何の情報も引き継がれていないようだ。

いいえ、誤嚥性肺炎ですと答える。

続けざまに、2、3日前から時折のどがゴロゴロいっています。

入院していたH病院に確認したところ、肺炎が再発した時と、のどがゴロゴロいっていた時には、痰吸引をして頂き大量の痰が出てきたそうです。

「是非とも痰吸引して頂けないでしょうか」と強くお願いをする。

すると、母の胸に聴診器をあてる。

「また聴診器かよ!以前、訪問看護師も訪問医療の先生も、肺炎になっていることを見抜けなかったのに判るのかなぁ」

先生が、別段問題なさそうな仕草をし処置室の方へと促される。

処置室に移動すると、看護師が点滴の準備をし始める。

アレッ痰吸引はしないんですか?と尋ねると、看護師が「先生から指示がありません」と言われ断られてしまう。

なんだぁ~この病院は、もしかして、誤嚥性肺炎の患者を扱ったことがないんじゃないのか⁉

前持ってH病院に確認し、その事象を説明しお願いしたにも関わらず、治療放棄されたことに腹が立ってきた。

幸い母の表情が普段と変わらなく、数日前と違い喉がゴロゴロいっていない為、点滴だけ受けて帰ることになった。

午後4時 介護ヘルパー

【ヘルパー記録】

   時        間                            内               容
16:00~17:00 ○食事中、端坐位保てました
おむつ交換
姿勢確保
食事介助
服薬介助

 

ケアマネージャーから、以前、介護用品の注文カタログを頂いていて、その中から注文したいものがあるので連絡したら、数点あることを伝えるとFAXを入れて置いて欲しいと言われ為、そうすることにした。