母との闘病日記

母と私の生きた証を残したい

~ 認知症 悪化編 (5月24日分)~

5月24日(水) 介護サービス変更に思わぬ障害が・・・

ケアマネージャーから、私の要望通りにすると1ヵ月で利用できる

介護保険の利用枠を越えてしまう為、越えた分は実費で支払うか

利用枠に収まるように調整する必要があると連絡を受けた。

①利用枠に収める場合

 月~木 Aデイサービス気まま館(1日6時間の利用)

 金   デイサービスK本舗  (1日10時間の利用)

 ※これで、あと2,3回利用が可能とのこと

②実費で支払う場合

 私の提案では全てデイサービスK本舗にする内容なので

 1日の利用料金が介護保険適用1割負担で約3千円

 実費だと1日約3万円

 すると1ヵ月の利用料金が(保険適用分+(越えた日数×3万円))となる

現実問題として、経済的に苦しくなりそうなので、利用枠に収まる方で

ケアマネージャーに再度、お願いをした。

ケアマネージャーも1ヵ月の利用が越えないように管理するのが仕事の

一つなので承諾してくれた。

[補足] 介護保険の介護レベル

     要支援1、要支援2、要介護1~5迄あり

     それぞれに利用枠が決まっている

午前7時半 朝食と一緒に薬を服用する

午前8時  私は出社

午前10時  母はデイサービスへ

      [連絡事項]

       昼食時に薬服用

       帰宅前に薬服用

※前日と同様

~ 認知症 悪化編 (5月23日分)~

5月23日(火) 介護サービスの変更をする

自宅介護で行ける目処が立ったので、正式にケアマネージャーに介護サービスの

変更をお願いする

①週2回を5回(月~金)に変更する

②Aデイサービス気まま館をやめて、デイサービスK本舗にする

 [理由として]

 ・7時半に送迎に来てくれる

 ・昼食と夕食がある

 ・依頼をすれば、お泊りも可能

 ・午後6時半頃迄、預かってくれる

※ケアマネージャーから返事をもらう迄は、取りあえず先週と同じパターンで

 月~木はAデイサービス気まま館、金はデイサービスK本舗となった

 

 

午前7時半 朝食と一緒に薬を服用する

午前8時  私は出社

午前10時  母はデイサービスへ

      [連絡事項]

       昼食時に薬服用

       帰宅前に薬服用

※前日と同様

~ 認知症 悪化編 (5月22日分)~

5月22日(月) 約2週間の自宅介護で・・・

●5月6日に入院をやめ自宅介護にして約2週間

 自宅介護が可能か?自分ができる限りの事をして見た

 まずは、私が会社勤務できること!

 他に家族はいない為、働けないと共倒れになってしまう

 それこそ入院してもらうしかなくなってしまう

 そして週2回だったデイサービスを月~金(5回)にする

・1週目はかなり厳しい状況だったが、次第に薬の効果が判ってきた

 1度飲ませると約15時間穏やかになる

 それを切らすと前よりも少し悪い状態で認知症が悪化する

 (妄想や幻聴を起こし叫びだす)

 デイサービスに行くのを見届けてから会社に出勤する

2週目になると夜中に多少の妄想や幻聴は訴えるものの、

 他人に迷惑をかけるほどの不穏行動は、薬が持続している限り無くなった

 デイサービスの送迎が10時なので、提案をし、了承を得る

 (会社に定時出社する為)

  〇家の鍵を外のどこかに隠しておき、それで家に入り連れて行ってもらう

   (母が気ずかなかったり、寝ていても必ず連れて行く)

※何故、自宅介護にしたか詳しく残しておく

【KG病院(精神病院)ー入院時の留意点】

 ・3ヵ月の診療スケジュールで行う

 ・面会時間 14:00 ~16:30 ←実質土日しか面会は無理

 ・親族のみ面会可

 ・病棟へは患者や面会人が自由に出入り出来ない

 ・病棟への扉の開閉は警備員(看守?)が行う

 ・病室の出入口、窓は鉄格子がしてある

 ・暴れたり、わめいたりした場合は拘束する

 ・拘束した場合、常時、精神安定剤を投与する

 ・高齢者を拘束すると足腰が弱くなり、肺炎になり亡くなることがある

 ・肺炎となり他の病院へお願いした場合、精神病院からだと受入拒否が多い

 ・当病院は内科もあるが十分な設備は無い為、万が一の時は了承してほしい

 

午前7時半 朝食と一緒に薬を服用する

午前8時  私は出社

午前10時  母はデイサービスへ

      [連絡事項]

       昼食時に薬服用

       帰宅前に薬服用

※大きな問題は無かった

 

~ 認知症 悪化編 (5月21日分)~

5月21日(日)

午前8時 朝食の為、母を起こしに行くと、ベッドで失禁している

     食事をしている間に、シーツ等を取り換える

     薬の服用に成功

午後5時 夕食と一緒に薬を服用する

午後10時 寝言を言い出し突然叫びだす

     起き上がって幻聴(誰かが呼んでいる)を訴えるが前よりも穏やか

 

~ 認知症 悪化編 (5月20日分)~

5月20日(土) 失禁しながら起こしに来る

午前4時半 前日、薬の服用を怠った為、妄想と幻聴を起こし

      極度の興奮状態で、失禁しながら私を起こしに来る

午前5時  朝食に薬を混ぜて服用に成功

      暫くすると落着き母は寝床につく

午前9時  ケアマネージャに連絡し、昨日のデイサービスで薬の服用を

      怠った苦情を述べる

午前10時  起きて妄想と幻聴により興奮状態となる

午後12時  昼食と一緒に薬を服用する

午後2時  介護タクシーを使ってKG病院へ診察に行く

午後6時  夕食と一緒に薬を服用する

午後7時  妄想をおこしているが以前よりは穏やか

午後8時  就寝

~ 認知症 悪化編 (5月19日分)~

5月19日(金)  デイサービスで薬の服用を忘れる

◆今日はいつものデイサービスでなく、前回お泊りした

 デイサービスK本舗にお願いした

 これには理由があり

  ①お泊りもできるし日帰りも可能

  (※お泊りした場合、翌日の午後6時頃迄、預かってくれる)

  ②いつものAデイサービス気まま館の送迎が10時に対し

   朝7時半頃に迎えにきてくれる

  (※私が会社に行く時間に一緒に出れる)

[補足]デイサービスに持って行くもの

  バスタオル1枚、タオル2枚

  上着(上下:1着)、下着(上:1着、下:2着(1着は失禁パンツ))

  連絡袋(連絡帳、自宅の鍵、薬(精神安定剤:3包(内1包は予備)

午前8時 母はデイサービスへ私は出社

     ・デイサービスで昼食時の薬の服用をさせていない

     ・デイサービスで夕食時の薬の服用をさせていない

     ★連絡袋に入れてある薬が使われていない

 

 

~ 認知症 悪化編 (5月18日分)~

5月18日(木) 復調の兆し虚しく事件を起してしまう

午前2時  冷蔵庫を開け、食べ物を探している模様

午前5時  部屋干しの洗濯物を、母がベランダに干す

      風呂を沸かす

午前6時半 興奮状態で起こしに来る

      風呂を沸かしたまま止め方が判らなくなりパニック状態

      風呂場に隣接するリビングは蒸気が散漫し濃霧状態

午前8時  興奮状態が持続しているので薬を飲ませる

午前10時  デイサービスへ

      [連絡事項]

      ・昼食時、薬服用

      ・帰宅時、薬服用